このエントリーをはてなブックマークに追加
ハゲ、薄毛を克服すること、人類からハゲをなくすことが現実になろうとしている。

毛髪を生やす幹細胞を培養して頭皮に移植し、若いころと同等の髪の毛を何度も生え変わらせることに、

東京理科大の育毛実験のスペシャリストたちがねずみの実験で成功した。

18日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズにて報じた。
髪の毛は頭皮に数多くある「毛包(もうほう)」という臓器で作られ、頭皮まで伸びる。
髪の毛が抜けても毛包があれば、何度でも毛は再生する。

 辻孝・東京理科大教授(再生医工学)らのチームは、大人のマウスから毛包の幹細胞を採取して培養し、生まれつき体毛のないマウスの背中に移植した。
その結果、7割のマウスに3週間後に毛が生え、元のマウスと同様に3~5ミリまで伸びた。毛の硬さや縮れなどの特徴も同じだった。自然の毛のように、周期的に生え変わった。
 移植する幹細胞の数を増減させることで、発毛の密度や本数を変えた。色素に関わる幹細胞を加えて培養し、白い毛を黒や茶にすることもできた。
 組織や器官に再生する幹細胞は、通常は胎児にしかないが、毛包の幹細胞は大人にもある。そのため、自分の細胞を培養して使う、新しい発毛治療の開発が期待できるという。辻教授は「人へ応用するには、広い範囲に生やすための幹細胞の増幅技術の向上などが必要。10年程度を目標にしたい」と話している。【久野華代】http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-00000007-mai-soci



このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらもあわせてお読みください